Cloud Penguins

Flying penguins in the cloud.

HashiCorpに入社しました

本日Senior Solutions Engineerとして、HashiCorpに入社しました。 元々前職、前々職からHashiCorpのOSSプロダクトを利用していたことや、The Tao of HashiCorpという明確なプロダクトのビジョンを持っている点に魅力を感じて決めました。 HashiCorpもソフト…

Tanzu Kubernetes Grid 1.4を新規構築した

先日Tanzu Kubernetes Grid 1.4が登場 tanzu.vmware.com TKG1.3.1からのアップグレード方法はmaking先生が書いているのでそちらを見てもらうとして、自分は環境作り直しをしたかったので新規構築してみた。 CLIのセットアップ まずは tanzu CLI等必要なもの…

VMUG Advantageに登録した

退職にともない、これまで自宅で検証用に使っていたライセンスたちが使えなくなってしまう。 jaco.udcp.info しかし次の仕事もVMware製品と完全に無縁というわけではなく、やっぱり検証用途に環境は残しておきたい。 ということで、VMUG (VMware Users Group…

EKS AnywhereをProductionでデプロイした話

先に謝っておくと、タイトルは半分釣り。嘘はついていないのだけど。 ということでEKSをオンプレ環境で動かせるEKS Anywhere (以下EKS-A)がGAに。 aws.amazon.com 現時点で対応している構築環境は、ローカルのDocker上で動かすか、あるいはvSphere環境の2択…

VMwareを退職します

このたびVMwareを退職することになりました。数週間前から有休消化期間に入っており、今週末をもって退職となります 有休消化期間は、Cloud Operator Days Tokyo 2021のシステム周りをお手伝いしていたり、CI/CD Conference 2021を開催したりしてました。 VM…

Synology上のDockerでPort80,443が使えない件をなんとかする

TL;DR SynologyでPort 80や443を使うコンテナ動かしたければ、 システムのnginxをリバースプロキシとして使おう。 /etc/nginx/sites-enabled に nginxのVirtual Hostの設定をぶっ込んでリロードすれば行ける 自宅サーバーとしてSynology便利だけど・・・ みんな…

Auth0でTKGのクラスタを認証できるようにする

TKGでは、認証に外部Identity Provider(IdP)を利用することができる。TKG1.3以降はPinnipedというコンポーネントが含まれており、これが外部IdPを担った認証を行うようになっている。 Pinnipedについては星野さんのCNDO2021の発表が参考になるので興味のある…

近所で桜を撮ってきた

奮発してα7SIIIを買ってしまったので、活用せねばということで近所の風景を撮ってきた youtu.be

TKGのダウンロードやドキュメントにさっくりたどり着く方法

今日は小ネタ。 今すぐTKGのCLIバイナリやドキュメントにアクセスしたい!ってこと、よくありますよね?(あるのか?) これらはMy VMware からアクセスできるんですが、検索使ったとしても探すのがちょこっと面倒くさい。 GoogleでTKGで検索しても、たまごか…

2020年買って良かったもの

n番煎じと言われても気にしない。jacopen的今年買って良かったモノを1年の振り返りがてら書いてみる。 ガジェット SONY VLOGCAM ZV-1 ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1発売日: 2020/06/19メディア: Camera ソニーのVLOG向けカメラ。商品レビュー撮影モード…

React入門したい

今日は雑記。 CloudNative Days Tokyo 2020では、配信プラットフォームを自作したんだけどこれにはRailsを使っている。Railsを選択した理由は、開発を担当した自分と r_takaishiが過去に経験があり一番素早く作ることができたからだ。 正直Railsでほとんど困…

キューブ型ベアボーンに積めるだけ積んで自宅サーバーを作る2020

限られた予算とスペースの中でいかに効率よく自宅サーバーを設置するか。色々試した結果、キューブ型ベアボーンに128GBのメモリを積んで運用するのが現時点での最適解かもしれない。

"Opinionated"をどうスッキリ訳すか

ニュアンスを正確に伝える翻訳って難しい。 プラットフォームやフレームワークの文脈でよく使われる単語に Opinionated がある。 例えばCloud Foundryというアプリケーションプラットフォームの特徴としてもこの単語が使われている。 The Cloud Foundry clou…

「イラストでわかるDockerとKubernetes」は完全に良書

すごいタイミングですごい本が出たもんだ。 本日はKubernetes Advent Calendar 2020 その1 向けのエントリー。 本当はCF for k8sの記事を書くつもりだったのだけど、先週盛り上がりまくったDockershimのDeprecated話の後ですごーく良い本が出てきたので、こ…

Dockerは非推奨じゃないし今すぐ騒ぐのをやめろ

今話題のこれ。 kubernetes.io これに関しての日本語情報として、 @inductor が相当詳細に記事を書いてくれている。 blog.inductor.me blog.inductor.me にも関わらず、未だに完全に間違った解釈をしている人が多く観測される。記事をちゃんと読めば理解でき…

世界に誇れるプラットフォームチームをつくる(CNDT2020)

event.cloudnativedays.jp CNDT2020で発表する、『世界に誇れるプラットフォームチームをつくる』 の補足ページです。 収録したら90分くらいになってしまったものを、バカスカ編集して切り落としていった結果、伝えきれなかったものも多くなってしまったので…

IBM Cloudの課金問題、解決(・・・と、DevRelはダメだという話) ※追記の追記あり

背景 一部の界隈をざわつかせたこちらの件。 IBM Cloud (旧Bluemix) のアカウントを持っている人は今すぐクレジットカードの請求を確認すべき ※追記の追記あり - Cloud Penguins IBM Cloudからの不意打ち請求はあろうことか2重請求だった ※追記あり - Cloud …

(解決済み) IBM Cloudからの不意打ち請求はあろうことか2重請求だった

追記の追記 本件、解決しました。 jaco.udcp.info 以下本文 事の発端は前の記事を参照 jaco.udcp.info 本人に通知のないまま行われた有料化によって突然の請求が行われたこの案件。 よくよくチェックしてみるとさらに信じ難いことが起こっていた。 クレジッ…

(解決済み) IBM Cloud (旧Bluemix) のアカウントを持っている人は今すぐクレジットカードの請求を確認すべき

追記の追記の追記 本件、解決しました。 jaco.udcp.info 以下本文 ちょっと常識では考えづらいことが起こっているようなのでまとめる。 TL;DR IBM Cloudの料金プランが、本人への通知がないまま変更された(無料枠の削除) かつてお試しでアプリを上げたユーザ…

CloudNative Days Fukuokaで、クラウドネイティブについて考え直してみた

4/16に福岡で開催されたCloudNative Days Fukuoka で登壇しました。昨年12月のJapan Container Daysでの登壇でベストスピーカー賞を頂いたこともあり、CNDFのキーノートで登壇しないかとお声がけいただいたのです。 普段は特定の技術についての登壇が多い自…

今年のCloud Foundryを振り返る

Cloud Foundry Advent Calendar 2018の1日目! なんかついこの間2017年のAdvent Calendarを書き終わったくらいの気持ちなんですけど、時間が経つのは早いモノで、もう12月ですか。 さて2018年のCloud Foundry Application Runtimeを振り返ってみます。 細か…

KnativeでBuildpackを使ったデプロイを試す

Knative試してみた話2回目。 前回: jaco.udcp.info 前回は、既に存在するDocker imageを使ってアプリのデプロイを行いました。今回は、ソースコードからアプリのデプロイを試してみます。 Buildpackの話 Buildpackは、PaaSであるherokuやCloud Foundryで利用…

最強のServerlessプラットフォーム? Knativeを動かしてみるぞい

ということで前回の記事に引き続き、発表されたばかりのKnativeを動かしてみました。 jaco.udcp.info GKE環境を用意する Knativeを動かすにはk8s環境が必要ですので、今回はGKEに環境を用意します。なおk8s本体とKubectlは1.10以上が必要です。 KnativeはIst…

最強のServerlessプラットフォーム? Knative登場

本日開催されている Google Cloud Next ’18 ですが、非常に面白いプロダクトが発表されました。 その名も Knative (kay-nay-tiv ケイネイティブと発音) Kubernetes上でServerlessを実現するプロダクトです。 https://github.com/knative/docs より引用 Kuber…

PaaS/k8s/Serverless使い分けの話とその補足

4/19に開催された、Japan Container Daysで登壇してきました。 『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法 from Kazuto Kusama www.slideshare.net 私のセッションは150人ほどの部屋でしたが、立ち見が出るほどの方に来て頂き感謝です。イベン…

Cloud Foundry勢の2018年のすごしかた

Cloud Foundry Advent Calendarの25日目! 最終日! 無事Advent Calendar完結しました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。 以前開催したときよりも参加人数も増え、記事もほぼ遅れること無く公開され、とてもよいAdvent Calendarになったと思い…

コロケ芸の実例を見せながらBOSHのops fileの書き方を解説する

Cloud Foundry Advent Calendarの19日目。 前回の投稿でCFにはコロケ芸というリソース節約方法があるということを書いたのですが、記事を公開した直後に同僚making氏から速攻でツッコミが。 ops-fileまで提示していただきたい。— Toshiaki Maki (@making) 20…

おいでよコロケ芸の森

Cloud Foundry Advent Calendar 2017の13日目。 最近どうぶつを高く積み上げていくe-sportsを始めてみたのですが、あれよあれよと時間を吸われます。やばい。 さてみなさん。コロケ芸という言葉をご存じでしょうか。 もし知っているという人は、おそらく某所…

ここらでひとつCFの昔話をしながら変遷を振り返る(その2)

Cloud Foundry Advent Calendar 2017の11日目。 前回に引き続きCFの昔話を。 言語 現在のCFはほとんどがGoで書かれていますが、CFv1はRubyで書かれていました。CFv2も当初はRubyで書かれていましたが、徐々にGoに書き換えられていきました。 現在Rubyが残っ…

Cloud Foundry Container Runtimeでk8s運用

Kubernetes Advent Calendarの6日目〜 既にこのblogでは触れてしまっていますが、Cloud Foundry Container Runtime(以下CFCR)の話。 先日のKubernetes Meetup Tokyo #8でこんな発表をしました。 Cloud Foundry Container Runtimeで快適Kubernetes運用 from K…